· 

西武東戸塚店 新春イベント演奏会 by 参聚


 

 

要の会の特別理事をお願いしている、プロの横山亮介氏による、和太鼓集団 参聚 が初めてチームを組んで、演奏をさせて頂きましたので、その取材記事を掲載させて頂きます。

 

この度は、要の会として、西武東戸塚店様にintroduceさせて頂きました。

その後、お正月演奏のご依頼を頂き、誠にありがとうございました。

 

新春より、素晴らしい門出ができ、重ねて御礼申し上げます。  要の会 事務局

 

 


和太鼓集団 参聚

要の会 Community取材活動


参聚とは、変わった名前ですが、コンセプトは、多くのものを一所に集めて、チームを結成するという意味を表しているようです。

横山氏の目的は、色んな団体と交流して、次世代の和太鼓発展に寄与したいと考え、一昨年11月より、いくつかの和太鼓団体の有志を集い、みんなが交流する事により、より良い和太鼓ができればという事で、活動しています。

 

今回、チームとして、初めてのお披露目となりました。

 

伝統曲や創作曲を合わせた構成と、体験コースという観客の方の参加型スタイルも取り入れました。

 

演奏は、横山氏直伝の奏法もあり、迫力と素早さは、目を見張るものがありました。

昨年7月8日に当方の上永谷駅前演奏会の時以上に纏まっていました。(その時は、横山亮介&打縁として参加してもらいました。第一回上永谷駅前演奏会のブログのコメントをご覧下さい。)

難易度の高い技法をいとも簡単にこなしてしまうのは、凄いの一言です。

 

それと、今回、体験コースに参加された方々含め、観客の方も大変喜んで下さいました。

観客の方と一体化できるのは、素晴らしい事と思いました。

 

今回、聞かせる太鼓と観客と一体化できる太鼓は、必要であり、どちらかに偏ってしまっても、ファンを増やせないと感じました。

やはり、共に取り入れて織り交ぜるスタンスは、和太鼓ファンや、その中から演奏をやってみたいという人が現れるきっかけを作ってあげられるのではと思いました。

 

観客の皆様、ご参加ありがとうございました。

また、機会があれば、演奏させて頂きたいと願っております。

 

                      要の会 事務局