· 

上郷森の家 演奏会 by 昇龍さん 


新年明けましておめでとうございます。

 今年もよろしくお願い致します。

 

本年より、要の会の活動として、イベント開催を行う他に、色々な団体さんに訪問して、演奏や練習活動を取材するスタイルも組み入れてゆく事になりました。

重ねてよろしくお願い致します。

 

 

今回は、地元、横浜市栄区で有名な和太鼓グループ昇龍さんの演奏が上郷森の家で行われると知り、ご訪問させて頂きました。


昇龍

要の会 Community取材活動


 

 昇龍さんのご紹介からさせて頂きます。

 昇龍さんは、以下、昇龍さんの関係サイトを検索させて頂きますと、チーム名は横浜市最古の石橋「昇龍橋」に由来します。「和とは人の輪なり」を活動理念とし、和太鼓を通して人と人とがつながる、そんな思いを込めつつ地域での演奏活動を行っています。メンバーは中・高生中心の若者で構成されており、元気と大胆さが売りです。と掲載されています。

その掲載どおり、正しく若手のチームでフレッシュな感じがしました。

 以前、個人的に見学させて頂いた時に、挨拶がきちんとできる学生達という感想をもっていました。女子メンバーの学生が、私を見るや、直ぐに笑顔で挨拶くてくれ、簡単な説明をしてくれました。

 指導者を持たず、先輩(OBの中にはプロ奏者もいる)が後輩に自然に教えてあげていて、強制的でなく、しかも、自由に自分の学びたいパートを練習していました。来ていたメンバー同士が仲良くしつつ、それでいて統制がとれていたのには、部活でもないのに、驚嘆しました。

 保護者の方より、お話しをお伺いすると、保護者は見守りや太鼓の運搬が主で、太鼓の演奏、練習、太鼓を車に積むまで全て学生達が行っているとのことでした。

これは、自然に自主性を学べ、また責任感を養うのには、素晴らしく、社会に出ても大変役に立つ勉強をしていると思いました。

要の会の主旨とぴったりです。

要の会もこの活動を応援していきたいと思っています。

 

さて、前置きが大変長くなりましたが、演奏についてですが、とにかく聞いていて楽しいという感じがする曲を演奏されていました。

チャッパや手に持って叩く太鼓?などを使用して観客も一緒に参加させ、一体化するスタンスは、聞いている人も楽しめて良いと思いました。手に待って叩く太鼓?は握力が継続しないと飛んでしまうのではと心配になりましたが、その辺りは、そつがなくこなしていました。

また、楽しいばかりでなく、伝統曲も織り交ぜて、その打ち込みは、普段の練習の積み重ねが垣間見れて、しっかり打ち込んでいました。

さすが昇龍さんと思いました。

それと、若さを感じるのは、掛け声がよく出ているのと、トータッチジャンプの連続をしながらチャッパを演奏するのは、これは、若さの特権、我々おじさんがやったら、直ぐに歩けなくなるようなアグレッシブな演技も見させて頂きました。

 

そして特筆すべきは、笛でした。

屋内という事と、太鼓の台数が少ない事もあり、マイクなしでしたが、太鼓に負けないで充分に音が聞け、音の歪みがなくクリアでしっかり吹けているのは、技量が凄いのか?音が出やすい笛を使用しているのか?

そこは素人の私にはわかりませんが、いずれにしても、同席していた元プロ演奏者をうならせる程、良いレベルでパフォーマンスしてくれました。しかもまだ、高校生と聞いているので、今後の活躍が楽しみです。

 

とにかく昇龍さんは素晴らしかったです。

 

今回30分の演奏でしたが、持ち曲もまだまだあると思いますので、今後は違うタイプの曲も聴いてみたいものです。

 

昇龍の皆様、ありがとうございました。要の会 事務局